DATA

【初心者向け・図解で解説】弥生スマート取引取込「CSVファイル取込」設定・修正

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」を、パソコンにあまり詳しくない方にも、わかりやすく図解します。

このアプリが便利なのは、仕訳ルールの設定と仕訳の学習機能で、自動に振り分けができていくことです。

つまり、使えば使うほど、自動仕分けでどんどん楽になっていくことです。

パソコンが苦手な方も、頑張って使ってみましょう。

間違えたデータを取り込んだ場合など、修正方法も書いています

「CSVファイル取込」には数値形式のCSVデータが必要

「CSVファイル取込」には、CSVファイルが数値で入力してあるデータが必要です。

数値形式のCSVの作成の仕方は↓ こちらをご覧ください。

①弥生製品にCSVファイルを取り込む

今回のCSVファイルは、請求書を前提に設定していきます。

請求書ですので、勘定科目が「普通預金」か「現金」になります。

お使いの弥生のアプリケーションを起動、「スマート取引取込」をクリック。

弥生製品の「スマート取引取込」の場所
弥生製品の「スマート取引取込」の項目がある場所

スマートメニューの「CSVファイル取込」をクリック、

スマートメニューの「CSVファイル取込」
スマートメニューの「CSVファイル取込」

ファイルを指定します。以下の2つの方法があります。

取り込むファイルを選択して、そのまま点線の青枠の中にドラッグ

ファイルを選択して、「開く」をクリック

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」のファイル指定
「CSVファイル取込」のファイル指定

②取り込む内容を設定し、ファイルを取り込む

「取り込む内容を設定してください」という画面が出ますので、赤い枠の中を設定していきます。

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」のファイルの項目表示
「CSVファイル取込」のファイルの項目表示

「行」と書いてある列の▼のところを押すと、各項目が選択できるので選びます。

↓ 下の例ですと、の▼をクリックすると日付の項目を選択、上の日付の欄に「済み」と表示されているのを確認、次に摘要を設定します。

一番下の項目ですが、デフォルトで「1行目から取り込む」が設定されていますので、項目以下の行、を設定します。↓ の場合、2行目から取引の行があるのでこの場合は「2」を設定します。

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_ファイルの項目表示 選択方法
「CSVファイル取込」のファイルの項目表示 選択方法

金額はCSVファイルを入金と出金と分けた場合は、同じく入金と出金に分けて設定

入出金を一列にした場合は、同じく入出金の項目を選択。

CSVファイル取込_取り込む内容_金額設定
CSVファイルの
金額の設定

次に、取引手段を設定します。

勘定科目は現金の場合は「現金」、口座引き落としの場合は「普通預金」で補助科目で引き落としの銀行名を備忘録として入れます。

CSVファイル取込_取り込む内容_勘定科目設定
CSVファイル取込
 取引手段設定

今回と同じ列に同じ項目を設定しする場合は、名前を付けて、「登録する」にチェックを入れます。「取り込みを実行する」をクリック。

CSVファイル取込_取り込む内容_勘定科目設定取込実行
CSVファイル取込_取込実行

③これは使える!仕訳を学習させる2つの機能

初めてファイルを取り込むと、勘定科目が仕訳されていません。

1行ずつ設定するのは、手間がかかります。

スマート取引取込では、「仕訳ルール設定」という自動に振り分けできる便利な機能があります。

最初から仕訳ルールを設定して自動に振り分けできる機能と、ファイルを取り込んだ時に仕訳することで設定できる機能という2つの登録方法があります。

1.「仕訳ルール設定」をし、勘定科目を一括で自動に振り分け

ファイルを取り込む前に「仕訳ルール」を設定し、取込んだ時に自動に振り分けができるようになります。

「設定メニュー」の▼を押し、「仕訳ルール」をクリック、次の画面で「新規登録」をクリック、

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」仕訳ルールの設定
仕訳ルールの設定

「新しい仕訳ルールを登録する」という画面が出ますので、赤い枠の中を設定し、登録をクリック、

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_新しい仕訳ルールを登録する
新しい仕訳ルールを登録する

↓ 登録済み仕訳ルールの一覧が表示されます。

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_仕訳登録一覧
仕訳登録一覧

①弥生製品にCSVファイルを取り込むの②の項目からの行程を設定していきます。

取り込んだ時に勘定科目が自動に振り分けられています。

2.取引の登録で仕訳を学習させる

取り込んだデータを仕訳することで、自動に振り分ける機能があります。

ファイルを取り込むと一覧の上に↓ 「選択された取引の操作を行う」というタブがあります。

このタブの▼を押すと、「仕訳ルールとして登録する」というのがあります。

取り込んだファイルの勘定科目などの設定して、仕訳として登録するという機能です。

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_仕訳ルールとして登録する

では、登録の仕方を書いていきます。

ファイルで、仕訳ルールとして設定したい行のところだけを登録します。

軽減税率の有無をチェックを入れる、

勘定科目を青い枠の▼のところから選択、

取引の登録を「する」を選択、

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_内容勘定科目
CSVファイルの取り込む内容と勘定科目

設定ができたら、取り込む行の一番左の欄にチェックを入れ、「仕訳ルールとして登録する」をクリックすると、仕訳ルール設定されます。

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_仕訳ルールとして登録する
仕訳ルールとして登録する

今、登録した行の左の方の列に青いアイコンが表示されます。

そして、同じ仕訳の行のところにも青いアイコンがつき、一括に変換されたことがわかります。

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_仕訳ルールを設定のアイコン
仕訳ルールを設定のアイコン

④仕訳を学習しながら、仕訳日記帳にファイルを取込む

仕訳のルール設定をしたら、各行の設定をしていきます。

まず、一覧が見やすいように、日付の欄を昇順にします。

↓ 昇順は赤い枠の日付の欄の▼をクリックすることで変更できます。

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_日付を昇順にする
日付を昇順にする

すべての仕訳が終わったら、取引の登録を「する」「しない」「未定」を選択、「選択された取引の操作を行う」の「取引を確定する」をクリック、↓ 「仕訳の取り込みが完了しました。」が表示されます。

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_取引を確定する
取引を確定

「取引を確定する」という項目は、取引の学習機能もあり、仕訳ルールを設定しなくても、次回以降、仕訳をしてくれる便利な機能です。

仕訳の完了画面の後に、仕訳日記帳を見ると、付箋のところに青いマークと「CSVファイル取込」からの取り込みとわかるように、生成元のところに[CSV]という文字が入力されています。

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_仕訳日記帳に表示されるマーク
仕訳日記帳に表示されるマーク

⑤ファイルを間違えた場合、必要のないデータがある場合の方法

このスマート取引取込の未確定の取込の画面で困るのは、「削除」という機能がありません

いろいろなアプリケーションで、削除の機能はあるので、このスマート取引取込で探しても見つからなかった時はあせりました。

ですが、いろいろ試した結果、この方法にいきつきました。

この画面の機能の考え方として、取引の登録を「しない」ということがデータを取り込まない=削除するという方法のようです。

間違ったファイルを取り込んだ場合の対処は、取引の登録をすべて「しない」を選択、その取引を確定することで取り込んだファイルは削除できます。

左上で「全選択」にチェックを入れ、赤枠の文言のところを選択していくと、取り込んだファイルのデータは削除できています。

弥生のスマート取引取込「CSVファイル取込」_間違えたファイルの削除方法
間違えたファイルの削除方法

また、取り込んだファイルで必要のない、間違って入っている行は「しない」を選択することで、必要な行は「する」を選択することで選択した仕訳データができます。

ファイルを取り込むたびにアプリが学習し、楽になる

このアプリが便利なのは、仕訳ルールの設定と仕訳の学習機能で、自動に振り分けができていくことです。

CSVデータの作成の仕方をフォーマットにすることで、より作業が楽になります。

事業をうまく経営するには、帳簿付けをきちんとするのも効果的ですが、節税が大事です。
開業届を出すこと得られる節税効果と、開業届を無料で簡単に出すことができるサービスはこちらの記事で書いています。

【フリーランス】しないと損、開業届。起業1年目、今したほうがいいこと
【フリーランス・副業】しないと損、節税効果のある開業届フリーランスでも、副業でも、開業届けは出しておいた方がよいです。開業届けを出すメリットを説明。開業届けを簡単に出す事ができる方法を解説しています。...