TOOL

【おすすめマウス】手に負担のない・こだわり別3選

【おすすめマウス】こだわり別3選

QGIS、イラストレータ、弥生会計、Excelなどなどのアプリケーションを使用しています。QGISの作業のオブジェクト作成作業は、カチカチ、クリックする動作が多いです。

手首も弱いため、マウスにはこだわりがあります。

マウスの種類

マウスには接続、反応の仕方によって、種類がいろいろあります。それぞれに特徴があり、使う作業によって、使いやすさも変わります。

接続の種類

マウスには有線と無線の種類の接続の方法があります。

有線タイプ

  • USBポートに接続。有線なので、反応のバグはなく、早い操作でも確実な作業が可能。
  • 線があるために可動域の制限あり。
  • 購入するときは、自分のPCの環境で線が届くことを考慮して、長さを選択することが必要。

ワイヤレス(無線)タイプ

  • 無線の設定が必要。
  • 可動域が広い。 無線が反応すれば、どこからでも操作できる。
  • 通信状態がよくないと、動作がスムーズに実行できない。
  • 電池を入れるため、重量がある。

読み取り方式の種類

ULTIMATE BlueLED使う場所の素材の種類・色に関係なく反応でき、ほぼすべての場所での操作を実現。思い通りに操作可能。
ULTIMATEレーザー無色透明なガラス面や光沢面等、あらゆる操作面での使用が可能。
レーザー式少しの凹凸がある場所でも、操作可能。
Blue LEDガラス面、透明シート、カーペットの上等でも動作可能。
IR LED省電力に優れた読み取り方式。BlueLEDや赤色LEDよりも消費電力が小さく、無線マウスの電池が長持ち。
光学式赤色LEDを使った従来の光学式。
読み取り方式の種類

作業によって違うマウスの選択

マウスは、作業によって適しているものが変わってきます。
例として、事務作業で、マウス操作が少なく、キーボード入力が多ければ、無線をデスクの端に置くことになるので、無線マウスが適しています。
マウスで入力する作業が多い場合、特にドラッグの幅が長い時は、有線の方がなめらかに、作業をすることができます。
また、無線はマウスのデメリットはマウスそのものが重たいです。そのため。マウス入力でドラッグなど手首から左右に振ったりする作業は、有線マウスの方がマウス自体が軽いので作業に負担が少なくなります。

ビジュアル系の作業、例えばイラストレータやフォトショップなどの作業では、細やかに操作が求められるものは、トラックボール方式のマウスが適しています。
アンカーポイントをクリックするなどは、細かなマウスの動きが必要ですので、トラックボールで指先でコントロールする方が、作業に適しています。

握りやすさにこだわる‥握りの極み

アプリケーションによっては、マウスの微妙な操作が必要なものがあります。

私が使用しているイラストレータ、QGISやCAD、といった作業は、オブジェクトを作成するのに、クリックが必要です。クリックの回数が多いので、クリック感が軽いものが望ましいです。

数年間、マウスの中でいろいろ試した結果、よかったのがこちら ↓ のマウスです。

握りの極み  マウス 有線 Mサイズ 5ボタン(戻る・進むボタン搭載) BlueLED / エレコム

握りの極み マウス

サイズはS・M・Lサイズがあるので、自分の手にフィットするタイプを選びことができます。ちなみに、女性でMサイズがぴったりです。

握りの極みの名前のとおり、マウスに手を自然においた状態にすることができます。

有線と無線があり、静音タイプ(無線のみ)と普通のものがあります。静音タイプは、若干クリック感が重いですが、クリック音はおさえられています。普通のタイプはクリック音がカチカチとしますが、クリック感が軽いです。

私は、少しでも負担がないほうがよいので、クリック音がある有線タイプのものを使用しています。

操作性にこだわる‥トラックボール MX ERGO /ロジクール

トラックボール MX ERGO  /  ロジクール

イラストレータやフォトショップ、動画などグラフィック系は、上下左右自由ににふれる操作性が必要です。そひて、繊細な移動も必要です。そういう作業をしやすくしてくれるのが、トラックボール。

私は、上手く親指でコントロールできませんが、デザイナーたちは、ロジクールのトラックボールを好んで使用していました。

携帯性にこだわる‥ワイヤレス M185CG/ロジクール

ワイヤレス M185CG/ロジクール

ノートパソコンや会議室でのディスプレイに写しだした画面を遠隔で操作する場合は、無線で軽量、小型のこのタイプが適しています。

このマウスは小型なので、移動時のノートパソコンの使用に便利です。

ノートパソコンには、タッチパッドがありますが、可動域が狭いので操作しづらいです。そのため、マウスとタッチパッドの操作効率は、生産性がマウスの方が約50%高く、30%動作も高速になると言われています。

また、最大10mワイヤレス接続が可能なので、ソーシャルディスタンスを守った会議で使用可能です。

マウスはペンと同じ

マウスはペンと同じです。フラットにストレスなく使えることが必要です。

なんかひっかりがあるな、操作しづらいでは、作業効率が下がります。

クリックのする部分はバネが入っており、私のようにクリック回数が多いと早くに故障します。調子が悪いと感じたら、早めに買い換えたほうが、手に負担をかけることがないです。

こちら↓ の記事もおすすめです。